« 昭和プロレスマガジン19号&「トップギアー!」 リニューアル | トップページ | 本の雑誌 »

2010年1月23日 (土)

不滅の昭和プロレス1 坂口征二

クエストよりいよいようわさのDVDがリリースされました。流智美さんの「不滅の昭和プロレス」シリーズ第1弾「黄金の荒鷲坂口征二」です。

内容は流氏による坂口氏へのインタビューが中心。

02

入門からロサンゼルス時代
フロリダ州タンパでの修行時代
テキサス州ダラスからジョージア州アトランタまで
日本凱旋と11回Wリーグ戦での大ブーム
デトロイト・シーク王国でのトップ時代
12回Wリーグ戦とアマリロ、カンザス遠征

以上、6つの時代に区切って各地での思い出話を坂口選手が朴訥な口調で語ります。
昭和プロレスファンにはたまらないマニアックな話題が続々と。ちょっと阪口選手の声は聞き取りにくいんですが(笑)。

01_2 

そしてトークに続いては貴重なフィルムが収録されています。

まずは坂口征二VSドン・サベージ(1970年2月)の3本勝負。これはロスのオリンピックオーデトリアムでの試合で、16ミリカラーフィルムからのテレシネされた素材とのこと。テレビマッチなので、坂口の独壇場。パワフルな試合振りが堪能できますが、サベージがここまでしょっぱかったとは・・・。

03_2 

続いては1953年1月16日シカゴでのNWA世界戦ルー・テーズVSハンス・シュミット。テーズの貫禄あふれる試合振りに思わずうなってしまいます。

最後に収録されているのは坂口VSサベージのメインエベントとして行われたアメリカス選手権。ロッキー”ソウルマン”ジョンソンVSミスターXです。私がリアルタイムで見た1980年の来日ではかなりしょっぱかったジョンソンですが、当時は全盛期で敏捷な動きはすばらしいの一言。ドロップキックの連発は一見の価値ありです。

04

収録時間も約3時間(173分)というデラックス版です。昭和プロレスファンに皆様にはぜひお勧めしたいDVDです!!

流智美Presents 不滅の昭和プロレス 第1巻 黄金の若鷲 坂口征二

|

« 昭和プロレスマガジン19号&「トップギアー!」 リニューアル | トップページ | 本の雑誌 »

プロレスDVD」カテゴリの記事

コメント

こちらでは初めて書き込ませていただきます。

ロッキー・ジョンソンなんですが、このDVDの試合の素晴らしさと同じく、あるいはそれ以上に、NWAタッグリーグで来日時は良かったですよ。
ただ、フィニッシュホールドがドロップキックだけなんで、シングル戦は3本勝負がキツイかもしれません、特に日本では。
しかし凄い選手だったことは確かですから、再評価を望みたいです。

投稿: サイケおやじ | 2010年1月24日 (日) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246472/33093582

この記事へのトラックバック一覧です: 不滅の昭和プロレス1 坂口征二:

« 昭和プロレスマガジン19号&「トップギアー!」 リニューアル | トップページ | 本の雑誌 »